いらっしゃ~い!ナニワ銀輪堂ですよ。

自転車生活を応援する工房「ナニワ銀輪堂」です。

好物のランドナーをはじめ、ミニベロ〜ロードまでクロモリに携わる日々を綴っております。

いらっし~い
ナニワ銀輪堂です。

先ずは残念なお知らせ

シクロジャンブル実行委員会(原文)
残念ながら、このたびの
「2020年 秋期シクロジャンブルを中止」とさせていただきます。
皆さまにはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げますます。
さて毎年恒例のシクロジャンブルの秋期開催ですが、誠に不本意
ではありますが、開催を見合わせることとなりました。
ご予定の皆さまにはご迷惑をお掛けし本当に申し訳なく存じます。
この中止の決定につきましてはご了承たまわることができましたら
幸いに存じます。
またの機会に是非お会いできることを楽しみにしております。
どうかよろしくお願い申し上げます。


秋こそはと楽しみにされていたと思いますが、中止となりました。 気を取り直して、来房車の紹介です。

FさんはBSアトランティスのお披露目です。 加工や再塗装をご依頼頂いた時点で、ナニ銀も大変気に入った
自転車でしたが、チューブラー仕様でカスタムリメイク完成ですね。
DSCN0608[1]

cyancyanさんはアスカ号の引取りです。 災難でしたが、無事に復活~ 修理と併せて交通安全祈願をビリケン(ナニ銀店舗に鎮座)さんにも
お願いしておきましたよ。 DSCN0610[1]

Kanbiさんはナショナルデモンタで
「あらぎ島」にサイクリングされたとの事、ナニ銀も是非一度行って
見たいので、下り基調のコースを教えて下さいね(笑)
絶景の画像は上の「Kanbiさん」をクリックしてください。
DSCN0611[1]

工房作業は
探検ランプ「2A-NG」の加工組み立てなど

DSCN0613[1]

ここで嬉しい?お知らせ
ミニマグ本体のスペックが更にアップしました。
ミニマグ新スペック比較


その1 最大照射距離が141メートルから145メートルにアップ!
その2 光束が77ルーメンから97ルーメンにアップ!!
その3 光度が4990カンデラから5253カンデラにアップ!!!
その4 ランタイムがハイで10時間45分から11時間にアップ!!!!

その他の仕様はほぼ同じですが、光量が上がってランタイムも延びるのは 日々の研究による技術革新の表れです。
災害時にも頼もしい世界トップレベルの高バランスライトです。

という事で、「2A-NG」入荷完了です。
価格変更は無いのでご安心ください。
フード&キャンドルグローブ&キャリア取付金具&電池交換治具が
セットで¥8900。

ではでは。





いらっし~い
ナニワ銀輪堂です。

朝晩はすっかり秋の空気です。
皆さん、サイクリングを楽しまれてますか。
今年のベストシーズンはこれが最初で最終?
存分にお楽しみください。

来房車です。
Kさんは再塗装後のお披露目でナショナルデモンタでお越しです。
カプラー式リンカーは鋭意?増産中です。今暫くお待ちください(汗)
DSCN0589[1]

IさんはBSユーラシアで
SUNXCDのスパイダーがカッコいいですね~。
体調も良くなった様で、次は自転車のコンディションですね。
何なりとご相談ください。
DSCN0596[1]

さて、大阪サイクリング協会のサイクリングニュースNo432号が店着しています。
DSCN0607[1]
トピックスは
・コロナ禍でのサイクリングに於いて、マスクに関する見解。
・サイクリング参加募集
 まわろうよ近畿10月11日
 みかん狩り  11月15日
 などなど
・台湾サイクリングの講習会も10月14日
例によって、ナニワ銀輪堂で無料配布中です♡

工房作業は
アスカのアライメント関係
DSCN0599[1]
DSCN0601[1]
ディレイラーハンガーも
DSCN0598[1]

後学の為、カセットフリーの分解なども
工具作りからです。
DSCN0604[1]

自作工具で分解して規格の違いやスタックハイトなど確認です。
DSCN0603[1]

少~し遠回りしていますが、作業は今週中に終わりそうです。


ではでは。








いらっし~い
ナニワ銀輪堂です。

朝晩が少~し涼しくなってきました。
サイクリングシーズン到来!
チューブなど携行パーツの準備は怠らないで下さいね。

御来房車ですが・・・・・・寂しい状況でした(泣)。

工房作業は
●再メッキ&再塗装後のヘッドバッチ取付。
 デローザのバッチの穴が極小なのででピンを削って
DSCN0557[1]
出来た~
DSCN0559[1]

●ハブの点検&オーバーホール
 事故に遭われた方からの御依頼
 幸い!身体へのダメージは無かった様です。
 DSCN0560[1]

●TOEIのブレーキ関係の組上げ
 MAFACのクリテリウムにMAFACフラットBレバーの組合せ
 MAFACのギドネットやフラットレバーにサイズがマッチするアウターカップ
 は現行品では見当たりませんよね(泣)。
 で、日泉のシフトアウターカップ(ステンレス)を使用します。
 日泉カップ

 DSCN0562[1]
 シフト用ですので、アウター外径が異なりますのでコーティングを一部剥がし
 シールテープを巻いてジョイントします。
 こんな感じで収まります。
 DSCN0561[1]
 この方法で、MAFACフロントアウター受けにも納める事が出来ます。
 真鍮製の段付きアウターカップを削るか?(メッキは諦めて)
 アウター表皮を剥がしてステンレス製段付きを使うか?
 時間と見栄えは後者かと思います。
 (あ、ブレーキレバー本体側を削るのは無しでね)
 使用した段付きカップはコチラ


皆さま、楽しいサイクリングが台無しにならない様に事故にはくれぐれも気を
付けて自転車を楽しんでくださいね。

ではでは。



このページのトップヘ