いらっしゃ~い!ナニワ銀輪堂ですよ。

自転車生活を応援する工房「ナニワ銀輪堂」です。
好物のランドナーをはじめ、ミニベロ〜ロードまでクロモリに携わる日々を綴っております。

いらっしゃ~い。
イメージ 4です。

寒くなってきましたね。
やっぱり今年も冬が来る事を実感する朝晩です。
防寒対策をして風邪をひかない様に用心してください。

来房車(猫)
野良猫が子供を産んだ様で、子猫が店前で日向ぼっこ。
可愛いのですが、お客の出入りが少ない日を予感された気分。
こんニャロ~!
DSCN2458

コッターマン師匠はリメイクされたクラブモデルで。
仕様を内装から外装にチェンジされ試走がてらお越しです。
一旦TOEIにドック入りしてのリメイク、大手術でしたが流石はHさん
引退間際でもキチッとした仕事です。
DSCN2456

オーレンダーさんはチェーンリングの交換にお越しです。
48T×32Tから44T×28Tへ。これで膝は楽になりますね。
DSCN2459

YJさんはTOEIで。
コットンリムテープ10㎜は在庫限りですので、残ってて良かったです。
前後共に松葉ステー仕様。コッターマン師匠と同じ仕様でした。
DSCN2460

工房作業は
●舞い込んできたALPSの各部チェック。
DSCN2434
ユーズドで販売する前の確認です。
DSCN2416
DSCN2414
よ~し電装も生きてます♡
DSCN2411
分割ドロヨケの状態。
やっぱりエエ腕してますね。京都のヤマネさん。全く損傷無!
いつか、タバタさんやヤマネさんの様な自転車屋になりたいです。
(死ぬ間際になりそうですが・・・・)
DSCN2443
という事でユーズドフレームがもう一本追加されました。

・オーダーフレーム塗装が上村塗装から上がってきました。
 エクタープロトン/デモンタブル700cです。
   スターマイン(ブルーにパールが施されています。)
DSCN2403
ハーデンのラグもカッコいいです♡
DSCN2407
下地作業とヘッドパーツ圧入やフォークコラムカットまでしたら
お客さんにお渡しです。

・オーダーフレーム生地が上がってきました。
 これまた、エクタープロトンで650Bランドナーです。
DSCN2408
ナベラグ仕様でオール補強にスポークホルダーチェーンガード。
DSCN2409
上村塗装の作業待ち状態、今しばらくお待ちください。

ではでは。





いらっしゃ~い。
イメージ 4です。

パーツ不足が続く自転車業界。
それはロードバイクとかいう種類の自転車の話
と思われてるサイクリストの方がおられますが、
残念ながらクロモリ自転車にも影響がありまして
パーツは国内・国外を問わず生産が滞ってます。
また、材料や燃料が高騰し価格改定のラッシュ。
嫌~な方のインフレが始まってしまいました。
やはり耐久性の有る物を選ぶ必要がありますね。

来房車
エンペラーさんはフレームオーダーのご相談に。
雑談の方が長かった(笑)ですが、何を求められてるか良~く
理解出来ましたよ。また、仕様と価格のバランスについてお褒め
頂き有難う御座いました。
DSCN2331

レンタル工房利用者
「自転車の構造を理解しメンテナンスが出来るようになりたい。」
との事、いつもより多めにレクチャーさせて頂き、なんとか組上げ
られました。
DSCN2315

工房作業は
先週ご紹介しましたシュイーンのホイール組
シングルウォールのリムは1㎜単位でスポークを選択する必要があります。
ですが、仕入れ先3社共に欠品中(泣)。
やはり生産が滞ってます。ので、良い道具の出番となります。
過剰な設備投資?いえいえ、物が無い時代こそ、こういう道具がモノ
を言う・・・・なんちゃってね。←たまたまやろ!
DSCN2329
無垢棒のラージハブにシングルウォールで組上げです。
DSCN2330

お知らせ
ユーズドフレームが入荷しています。
・スポルティーフ(センタープル直付仕様のオーダー車)
DSCN2358
・独創的なロード
DSCN2380
・650Cロード(2サイズ)
DSCN2369
・SCAPIN ロード
DSCN2362

気になる方はナニ銀HPへ GO!GO!GO! 安いですよ。

ではでは。


いらっしゃ~い。
イメージ 4です。

寒くなってきましたね。
バーナーを持ってのサイクリングが楽しみな季節と
なりました。
ナニ銀は未だにガソリンや固形燃料を使うのですが
オプティマス8Rの修理が頓挫しているのを今思い
出しました。確か・・・ウイックを入手するのを忘
れてそのまま(汗)。

来房車は
タートルさんご夫妻がKHSの小径で。
ナニ銀の有る大正区のデイリーヤマザキに沖縄物産を探しに行くとの
事です。
DSCN2317

Nさんは和歌山から自走でお越し頂きました。
自転車を自身で弄るのが楽しくて仕方ない様でナニ銀も嬉しい限り
です。現在はドロヨケ装着の章ですね。
DSCN2318

T/JさんはTOEIで。
FDはユーレーリジドの直付け。愉快でいい自転車を沢山お持ちです。
いつも勉強になります。
DSCN2321

工房作業は
●シュイーンの修理ご依頼でホイール組み換えです。
知識が無くてよく分かりませんが、このシュイーンは70年代の物で
いい雰囲気がプンプンしてきます。
DSCN2320
フォルムはこんな感じ
極厚プレーン管を仕様してる様で異常に細いピラーです。
※ボスフリーは作業を引き受けるかどうかの判断で先に抜いています。
 ⇒バラせたので引き受ける事になりました。
DSCN2319
フォークはスクランブラー同様に無垢のブレードにクラウンメッキ。
薄~いブレード♡もうフィンと言っても良いですね。
DSCN2322
伝統の1ピースクランクと直付け台座のセンタースタンド
DSCN2324
ユーレー製?パクリ?シュイーンと記されています。
DSCN2323
ヘッドパーツ部にマウントされたシフトレバー
良いアイデアですね。
DSCN2325
ホイールと前ブレーキ以外はオリジナル。(バスケットは無視してね)
アメリカの自転車も個性が有り良い物ですね~
って、関心してる場合じゃなくてホイール組をすすめなくては。

●Kanbixは4個追加製作できました。ご予約頂いてる分から順次お渡しです。
DSCN2326

ではでは。



このページのトップヘ