いらっしゃ~い!ナニワ銀輪堂ですよ。

自転車生活を応援する工房「ナニワ銀輪堂」です。

好物のランドナーをはじめ、ミニベロ〜ロードまでクロモリに携わる日々を綴っております。

いらっし~い
ナニワ銀輪堂です。

ブログを更新したところですが、もう一話
お付き合いください。

皆さん、「鍛金」(タンキン)ってご存知ですか?
そうそう、雪平鍋なんかの加工が「鍛金」です。
※金槌を使い金属を叩いて加工する技法

DSCN0456[1]

サイクリストに、これを製作される職人さんがおられまして、
「自転車に携わる物も作りたい」との事。
ナニ銀は
「自転車文化は奥深くバランスが肝心で、且つ造形美を併せ持つフォルムが必要!古くは・・・・・」
などという、知ったかぶり講釈はたれず
「おもろいじゃ無いですか!いっぺん造ってみて下さいよ♡」
と、答えておきました。


すると、出来ちゃったんですね。
DSCN0451[1]

ははは、マジだったんですね(汗)。
この流れで、ナニ銀では鍛金のサイクルボトルやミルクポット、ぐい飲みを
展示&販売する事になりました。パチパチ👏
DSCN0453[1]

サイクルボトル¥10000
DSCN0452[1]

ミルクポット?¥7000
DSCN0455[1]

ぐい飲み(ちびコップ)¥2000
DSCN0458[1]

一つ一つ、金槌を振りかざし成形されたもので、刻印も入ってますよ。
DSCN0459[1]

外国の方に受けると思うのは、私だけでしょうか。
作者の印が入ったボトル。
結構ウルサイです。

是非!ナニワ銀輪堂に見に来てください。


作者のご紹介

森下 しげき(森下製作所)
年齢など詳しくは知りませんが、TOEIキャンピングとFKランドナーを愛する
サイクリストです。
鍛金 森下さん
作者のコメント
「手作りでやってるとは言え、へたくそなので商品の個体差は大きいです。
mede in japanの高品質なハンドル(NITTO)やドロヨケ(本所)と一緒に
並んでいると違和感を覚えるでしょう。
その違和感、場違いな空気感を、それでも良いと受け入れて下さるお客様を
心より歓迎します」

ではでは。

いらっし~い
ナニワ銀輪堂です。

お盆ですね。
今年は例年と勝手が違いますが、いかがお過ごしでしょうか。
ナニ銀は通常通りの営業ですので、よろしくお願いいたします。

来房車
Sさんはフォルテデモンタで
ランプとRキャリアの修理ご依頼でした。
頼りにして頂き有難うございます💛
DSCN0438[1]

Kanbiさんは分割ドロヨケパーツのお求めに
ステンレス製の例のパーツはナニ銀だけですよ~
DSCN0447[1]

Kさんはアラヤツーリストで
え!?ブロックダイナモが細工されて装着されています。
DSCN0443[1]
驚きの加工法です。
まさかポカリでブラケットを作製するとは・・・・・失礼!ポリカです。
アクリルよりはるかに強い素材だとか。
流石はその道の職人さん、ポリカを曲げる発想(技術も)はナニ銀には無いです。
淡路島でのテスト走行、楽しんで来て下さいね。
DSCN0445[1]

お知らせ

・OSAKAサイクリングニュース431号が入荷しております。
 DSCN0449[1]
・CYCLE46号が入荷しております。
 DSCN0448[1]
ナニ銀で無料配布中ですよ。

工房作業は
・ヘッドパーツの圧入(BSアトランティス・スポルティーフ)
DSCN0433[1]

・ホイール組(先週ポリッシュしたフィルウッド&カンパレコードで)
DSCN0434[1]

・ランプ修理
DSCN0437[1]

・フレームメッキの下地造り(デローザ)
 腐食域と肉厚、パイプは厄介ですね。
DSCN0436[1]

振り返ると、作業バリエーション豊富に作業させて頂いてます(笑)。

ではでは。


いらっし~い
ナニワ銀輪堂です。

梅雨が明けて猛暑の到来。
皆さま、元気に自転車生活されていますか?
愛犬が体調を崩してしまい、心配事が増えたナニ銀です。

来房車は
ターンの電動アシストさん
「ナニ銀ポタはいつ再開?」との事ですが、先が読めない
状況ですので、すみませんが気長にお待ちください。
DSCN0420[1]

Kさんはシングルの引き取りに
色々と難関が有りましたが、無事に完成です。
DSCN0417

工房作業は
・ハブのポリッシュ
DSCN0419
 フィルウッドの広~いフランジ。
 綺麗にして、ネームに色差しのご依頼です。
DSCN0423 
スポークによる傷が難所でしたが綺麗になりました。
DSCN0431

・チューブラータイヤの交換
 例によってセメント剥がしです。
 秘密のブラシが凹凸にも効果的です。
DSCN0426


暑い日が続きますが、頑張っていきましょうね。

ではでは。

このページのトップヘ